2006年04月10日

競馬論 vol.2

2000年の秋、私は台湾に転勤になりました。
競馬もない、競馬もできない、競馬も見れない、珍名馬券も買えない環境になりました。
台湾での生活は退屈になりました。
半年間競馬の見れない状態になったのですが、日本人向けにSkyPerfecTVを設置してくれる
業者さんを見つけました。
私のいた台北は日本人だけで1万人いるのでNHK BSやSkyPerfecTV設置の要望が多く、
今の時代では日本用の衛星放送は簡単に見れるのです。
当然私は競馬実況のあるGreen Channelを受信すべく、SkyPerfecTVを導入しました。
設置だけで日本円で5万円ほどかかりました。

それから馬券はインターネットで買い、珍名馬券は会社の友人に買う馬券のセンスまでお任せで
頼んでおきました。その間約4年。
競馬場には通わなくなりましたが、競馬は見続け、珍名馬券は(依頼で)買い続け、勝負の馬券は
インターネットで買い続けました。台湾にいながら。
台湾在任中に結婚し(日本人とですよ!)、娘が生まれ2004年の夏が終わるころ帰国しました。
それから、元の東京本社に通っているのですが、競馬は一年に1度か2度。
二人目の娘も生まれたため、東京競馬場には近いものの、競馬場は遠い存在になりました。

でも、競馬は競馬場に行くだけが競馬ではありません。
馬券を買うだけが競馬でもありません。
馬券が当たった外れたというだけが競馬でもありません。
競馬には一味違った競馬の楽しみ方があるのです。

その例をいくつかここで紹介します。
私もそれに参加して楽しんでいます。
 1)あとさき勝負
 2)GI 10番勝負
 3)POG(ペーパーオーナーゲーム)

まず、1)あとさき勝負。
実際になんと呼ぶかわかりませんが、友達同士で競馬のレースを見ていて、
自分はこの馬、友達はこの馬とレース前に馬を選び、レースで先着したほうの馬を指定したほうが勝ちという単純なもので、勝ったほうはビールをおごってもらえるなど単純で気楽にできます。

2)GI 10番勝負
現在はGIは10戦だけではありませんが、GIシリーズ開幕前にどの馬がレースごとに勝つのかまとめて予想します。GI前にまとめて予想するのでなかなか、当てるのが難しいです。
それを仲間内で行い、一番当たった数が多い人がおごってもらえるというものです。
春と秋の2シーズン行うことが多いのですが、GIが終わるまである程度時間がかかります。
posted by xian-long at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。