2006年04月14日

喫煙と禁煙

私は、2002年の台湾在住時代にタバコをやめました。
1987年の大学1年の冬に吸い始めたので、ちょうど15年間吸っていました。
少なくとも毎日1箱。
単純計算で、20本×365日×15年=109500本は確実に吸ったことになります。
お酒を飲んだりすると本数が増え、お酒の場だけで1箱といった具合になります。
なぜやめたか?

・そのとき奥さんが妊娠していて、生まれてくる子供にタバコを吸っている姿を
 見せたくなかった
・人間ドックの結果、いろんなところに異常が見られ、それの原因をすべて『喫煙』
 という言葉で片付けられたため
・だんだん喫煙者の肩身が狭くなり、空港、駅はもちろん路上でも吸えなくなってきており
 喫煙者を援護する風潮がまったくない

などが、やめる前のきっかけです。
2002年12月13日金曜日です。忘れもしません。
その日会社を休み、台湾の診療所で人間ドックを受けました。
たまたま、その場でわかる結果でちょっとした異常が見つかったのです。
その原因を看護婦さんに聞いたのですが、待ってましたとばかりに「喫煙」
と切り替えされたのです。
それで、午後家に帰り禁煙を宣言しました。
なぜそのときにしたのか?
それは、次回に続く…
posted by xian-long at 12:08| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。