2006年04月07日

娘について

娘のことを書きます。
私には娘が二人います。
上が3歳と2ヶ月、下がもうすぐ9ヶ月です。

上の子は台湾で1年ほど生活したため、日本語をしゃべりだすのが他の子より
遅めだったのですが、最近は「どこで覚えたの?」といいたくなるほどの言い回しも聞かれます。

仕事から帰ると、すでに夕飯を食べ終え、ママにお風呂に下のこと一緒に入れられています。
ちょうどそのころ私は帰宅することが多いのですが、一度出たあと髪の毛を乾かしてからもう一度私とお風呂に入ります。

彼女は私が体を洗うのを見ながら私にいろいろ話しかけ、私も「今日は何をしたの?」などと娘との会話を楽しみます。

うちの奥さんの方針で、娘は今年も幼稚園に入れないということに決めたので、奥さんは四六時中二人の子とべったりです。
そのため、夕方になると疲れ始めて、ちょっとしたことでも娘をしかるようになります。
で、私の帰宅時間のころには娘にとってはパパは助け舟になり、ママを避けてパパに寄り付いてくるのです。
お風呂の中では、ときどき「ママが怒ってパチン(ビンタ)した」というようなことも聞かれます。

さて、娘には好きなテレビタレントが二人います。
一人は氷川きよしです。
彼がテレビに出ると「きよっさん、きよっさん」といってニコニコしながら、テレビに近づき、いずれテレビに釘付けになり、うっとりし始めます。女の子なんですね。
まあ、氷川きよしなら幼い女の子が好きになってもおかしくはありません。
パパよりも若いし、稼ぎがいいですしね。

問題なのはもう一人。
それは…

次回に続く…
posted by xian-long at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16272745

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。